花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


先般、ブロ友“のんきさん”利尻島礼文島をお訪ねになった。

ブログアップなさっている、その旅日記を拝見しながら

Saas-Feeの風が旅した利尻・礼文を懐かしく思い出す。


Saas-Feeの風は利尻・礼文1965年8月2007年5月の2度、訪ねている。


1965年には北海道ユースホステルに15泊しながら旅する途中で

利尻・礼文に渡っていた。


それから42年後2007年にはツアーに参加し

新千歳空港からバスで稚内

稚内で1泊して利尻・礼文へ渡り

特有の植物を愉しんだあと、稚内へ戻り

1泊して宗谷岬などを廻り、バスで札幌


札幌で1泊して、次の日は夕刻の集合時刻まで自由行動・・・

地下鉄やバスの“乗り放題1dayバスカード”を購入し

北大植物園、平岡公園、白い恋人パーク、知事公館などを見学したあと

新千歳空港から名古屋へという3泊4日の行程だった。


この2007年の利尻・礼文、札幌で撮った写真などは

シニアのためのブログサイト“リログ(Re:log)”(運営は凸版印刷)に

2006年10月9日から開設していたSaas-Feeの風のブログ

“as free as a bird”にアップしていた。


2008年2月“リログ(Re:log)”が発展的解消され

写真メインのブログサイト“いい色ひろば”(凸版印刷)に移行となったのだが

今度はこのサイトも2011年7月にサービスを停止してしまった。

そのために双方のサイトにアップしていた記事を公には見ることができなくなったのだ。

ただ、凸版印刷からはブログにアップしていたすべての文章と

写真を収録したCD2枚が届けられたので

それまでの投稿記事を確認することはできる。

(公開順に並んでおらず、ランダム配列なので記事捜索が非常にやっかい)


前書きが長くなってしまったが、CDの中を探し回って

(検索できないから一件ごとの確認になる)

やっと見つけ出した記事を読み返し、修正・加筆してみた。

     

(新千歳空港から稚内までに撮った写真などは別の機会に)

(当時は携帯電話を使い、旅の途中で写真を撮り、ブログ記事を投稿していたが

或るとき、新聞で「ブログに旅に出る、旅の途中と投稿した複数のブロガーの留守中に

空き巣が多発している、ブログに留守と判る内容を書くことは如何なものか」との記事を読み

それ以来、パソコンからの旅に出るという予告投稿を含め

携帯電話での旅先投稿をやめた


     

【2007年05月08日 20:18にリログ(Re:log)へ

携帯電話から投稿・リアルタイム公開した内容を修正した】

携帯電話・・・現在でいうところのガラケーのこと)


5月8日に宿泊したホテルはJR稚内駅から近い“稚内全日空ホテル”

070508稚内全日空ホテル

“稚内全日空ホテル”

“ANAクラウンプラザホテル稚内”

“サフィールホテル稚内”

経営が移っているらしく、2023年までに2度もホテル名が変更されている。


利尻・礼文への旅の前日(5月8日) 夕食  日本料理店“雲海”

070508稚内全日空ホテル夕食

北海道限定ビール“北の職人”  先付け”鮭、烏賊、オクラの麹漬け”

お造り“鮭のたたき、真鱈昆布〆” 焼物“帆立ちゃんちゃん焼き”

【コメント】

日替わり弁当
05/08/2007 20:50:38

きっとなんでも新鮮で美味しいでしょうね。
それにしても今日は千歳からずっと一路北上でしたね。


アランフェ
05/09/2007 09:25:33

北海道の料理は、派手さがないが
素朴で新鮮ないい味なんだよなぁ---。よい旅を。


himawari
05/09/2007 11:49:28

今日(9日)は、利尻島礼文島ですね。
綺麗な花が咲き始めている事でしょうね。
写真を楽しみにしています。


massan
05/09/2007 12:37:09

北海道にも「酒仙の杜」がありましたか。
料理も鮭づくしとは、さすが北海道ですね。
食べ物に景色にハイキング?を楽しんでください。
色々な北海道ならではの写真を楽しみにしています。


mayrogu
05/09/2007 13:03:23

御馳走ですね、お酒飲みながら頂くのは最高!!
礼文島利尻島どんな所でしょう
期待して待っています


Σ 日替わり弁当さんへ
05/12/2007 20:10:49

ほとんど一日がかりの旅でしたね。
「鮭のたたき」は絶品でしたよ。
普段は寿司でも鮭を食さないSaas-Feeの風ですが、
これは旨いと思いました。


Σ アランフェさんへ

05/12/2007 20:13:34

新鮮で、普段はあまり眼にすることの無いような食材もありますから、
市場を見るだけでも楽しいですね。


Σ himawariさんへ
05/12/2007 20:15:45

花の時期には少し早かったですね。
もう少し遅い方が良かったでしょうが、
それでも幾つかの花を見ることが出来ました。
順次アップしますね。


Σ massanさんへ
05/12/2007 20:18:06

「酒仙の杜」があったわけではなくて、
宮崎の焼酎銘柄「雲海」と同じ名前だったということですね。
花や景色を順次アップしていきます。


Σ mayroguさんへ
05/12/2007 20:20:20

もっとビールを・・・と頼みたいところで我慢して明日に備える・・。
海の幸の味わいを余韻として眠りました。



【2007年05月14日17:13にリログ(Re:log)へ投稿した内容を修正し加筆した】


2007年5月9日(水)
 
ホテルのロビーにあった天気予報

最高気温が11℃だって

 海の上は寒そう!!

 重ね着して港へ 

68701g.jpg


 礼文島へのフェリー出港は7時30分

 並んで乗船を待つ

68702.jpg


68703g.jpg


昔はフェリーではなかった・・・

1965年08月30日  稚内港から利尻島へ渡ったときの船の上にて

650830稚内港から利尻島へ

前方に利尻山”(利尻富士の積雪が微かに写っているのだけれど

もともと霞んでいたし、写真が変色してしまったからねえ~はっきり見えない。


利尻島・鴛泊港に停泊中の“礼文丸”

650830利尻島の鴛泊港にて

左後方は“鴛泊灯台”のある灯台山(標高 およそ90m)

この記事を復刻するまで知らなかったのだが

灯台山ペシ岬と呼ばれているそうだ。

1965年にも2007年にも、ペシ岬の名を見聞きしたという記憶がない。


1965年に乗船した“礼文丸”

フェリー運航開始後、どのような運命を辿ったのだろうか。


2007年の稚内・ノサップ岬

68706g-1.jpg


1965年の稚内・ノサップ岬

68707-1.jpg


2007年に戻って・・・

礼文島に向かうフェリーから見た利尻山”(利尻富士

8時13分

68708g.jpg


8時54分

68709g.jpg

かなり雲が切れてきた・・・

もう少しで全体像が現れる・・・

でも、フェリーは利尻島へではなく、礼文島に向かっているのだ。
 
68710-1.jpg

礼文島には9時25分着予定

 稚内から1時間55分の船旅


(撮影 2007年05月09日(水) OLYMPUS CAMEDIA C-755UZ)

(撮影 1965年08月30日(月) フィルムカメラ)

          

【コメント】

湘南ジージ
05/14/2007 17:37:27

素晴らしい景色、どうも有り難う御座います。
42年ぶりの礼文島ですか。
大分以前この島で皆既日食が見られた事があった?ような気がします。
礼文島に関する知識ゼロです。情報をお願い致します。


三面相
05/14/2007 18:31:18

42年前のこの船小さかったですよねえ。
あの日の海は荒れていなかったですか?
当方が行った時はかなり荒れていて疲れていたので
渡るのを断念した記憶があります。


Σ 湘南ジージさんへ
05/14/2007 22:58:35

日食観測記念碑が建っているそうですが、そこへは行っておりません。
昭和23年のことだそうですね。
Saas-Feeの風はまだ幼稚園にも通っていない幼児のころのことです・・・。


Σ 三面相さんへ
05/14/2007 23:02:56

1965年8月30日に利尻・礼文を回っていますが、
海が荒れたという記憶はありません。
甲板でビールを呑んでいる写真が残っていますので、
海は穏やかだったようですよ。


自遊人
05/15/2007 06:29:30

SF風さん、この時期の稚内、レブンはまだ寒いくらいでしたか?
自遊人も毎年、利尻岳の写真を撮りに
サロベツ原野付近まで出かけています。
昨年の写真を1枚アップして置きますね・・・♪


三面相
05/15/2007 07:03:06

30日は札幌になっていますので28日だったと思います。
でもどこかですれ違っていることでしょうね。
周遊券のことですが、手前の駅で降りて記念に残しました。


Σ 自遊人さんへ
05/15/2007 07:23:47

朝夕の稚内は寒く感じましたし、
フェリー甲板は風が強いために一層寒い思いをしました。
利尻・礼文でも寒かったですよ。地元のかたのお話では、
正式には「利尻山」と呼ぶそうですが、いかがでしょうか・・。


Σ 三面相さんへ
05/15/2007 07:34:15

周遊券を残すために大阪の手前で降りることは考えていましたが、
東京から夜行で戻っていたことや、疲れていたこともあって、
つい途中下車し損ねていました。
8月18日未明に函館入りし、28日は網走から層雲峡へ、
29日は層雲峡から稚内へ、移動していました。
31日午後に稚内を列車で出て札幌に向かっています。
三面相さんとは1日ー2日違いでしたね。


ヘキサ
05/15/2007 09:03:30

最北端の小学校 最北端の牧場とか
何にでも 最北端が 着いていたのが
面白かったのを 今思い出しています。 


Σ ヘキサさんへ
05/15/2007 11:41:28

ヘキサさんからいただいたコメントから連想して、
さきほど「最北端のトイレ」をアップしました。
観光コピーで最北、最南、最西、最東など、いろいろあるようですね。

matsubara
04/24/2009 10:03:30

2年遅れてこちらにもお邪魔します。
最北端の地で2日待ったのに海が荒れて
礼文島に渡れなかったというくやしい思い出があります。
8月30日でしたので、もう秋の台風のような酷い風でした。
冬の、というよりスキーの時のジャケットを着ていました。


Σ matsubaraさんへ
04/25/2009 09:48:02

1965年(昭和40年)8月29日と30日に稚内のユースホステルに宿泊し
30日に利尻・礼文島に渡っています。
↑で三面相さんのコメントにありますが、
その前々日の28日に稚内におられた三面相さんは
海が荒れていたと仰っています。
30日に利尻・礼文島に渡ることが出来たSaas-Feeの風は
運が好かったということになりますね。

          

ブログランキングに参加しています

応援のクリック↑をお願いします


スポンサーサイト



コメ&応援ありがとうございました
回復されてきてよかったですね♪
私は夏バテ気味なのでぽちだけですみません
またお邪魔します
[ 2023/07/22 06:52 ] [ 編集 ]
いい旅でしたね
こんな素敵な旅、またお体が回復されたら今度はゆっくりとお楽しみください
私たちも夫が早期退職という道を選んで多分50歳で一応会社を退職し居て19日間の北海道の旅に出ました
その時札幌には娘が嫁いで住んでいて、1っ朴岳娘の家に泊まりました
そのほかは社通箔や、空いているホテルを予約して止まりました

主な目的は、山に登る事でした
最初は知床の方から斜里岳、これは結構かわのなかをいくのでたいへんでした。
頂上付近は持つところもないうるうると滑るようなところでストックも何も持たないで行ったので
もう大変、地祇に雌阿寒岳、これ御ずるずる滑る山でした外た小さな山はいっぱいありましたが全部は覚えてないクレイです

そして十勝岳も滑りやすい山でした
富良野岳はお花がとてもっ綺麗でした~ニセコアンヌプリは1時間半で登れる山、お花が綺麗でした
北海道ン御山を二人で登って~娘もびっくりしていたようです。。。この年で~と!!

SaasFee美風様も北海道旅行礼文縞、利尻島を楽しまれたのですね
北海道を車で旅するには相当な馬力が必要でした

車も総統は知らないと次の場所につけないからです
二人でどんどん運転して~やっとの思いで、利尻に着いた覚えがあります
札幌からは遠いですよね~その間と待った豊富温泉がとても良かったです

お体の方が完全に良くなられましたら、また奮起してもう一度ゆっくりと旅を続けてください

きっと気持ちもリフレッシュできると思いますよ
レブンアツモリソウも待っています。咲いている期間は短いので要注意ですね
私は今年、白馬五竜でレブンアツモリソウを見ました
あの植物園は絶滅危惧種を沿当てていらっしゃいます
とてもいい所ですのでご無理をなされ鵜に今度はゆっくりの旅を続けてください
お宅のお花たちもいろいろいっぱい咲いて美しいですね
[ 2023/07/22 08:37 ] [ 編集 ]
えつまま
Saas-Feeの風 さん おはようございます
ご回復なられて本当に良かったです
暑さ厳しいのでご無理なさらずにごゆっくりなさってください

いつもブログで綺麗なお花を楽しませていただいています
ハイビスカスも次々と咲きとても綺麗です
月下美人も見事です
良い香りを楽しまれたでしょうね
わが家は一度霜枯れしていまい挿し芽からの一輪だけです
フーランも素敵ですね
以前育てたこともありました

北海道旅行は懐かしく拝見しました
ありがとうございました
記録に残しておいてよかったですね
 
以前に何度か行き 島巡りも楽しんだこともありました
古い写真はCDに残していますがほとんど見ることもありません
グログはココログの総量量10,000 MB もいっぱいで古いものから削除しています
記録に残しておくのがいいですね
コメントも当時がよみがえり楽しめますね

[ 2023/07/22 09:29 ] [ 編集 ]
おはようございます
北海道旅行 長期間だったのですね 利尻島は、行ったことがありません
[ 2023/07/22 09:37 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
退院され、8週間。
順調に回復され、本当に良かったです。

利尻・礼文には2度も行かれたのですね。
私は2003年7月末頃、ツアーで夫と訪ねています。
今、写真を撮りだして、見てみましたが、お天気が悪く髪はぼさぼさ、
しかも、『写ルンです』というレンズ付きフィルムで
写した写真なので、あまり良い状態で残っていませんでした。
フェリーは同じ東日本海フェリーだったと思いますが、
私がカモメに船内で売られていたお菓子を与えている写真しかありませんでした。
これからも旅先でのお写真を沢山拝見できそうなので楽しみです。

[ 2023/07/22 10:05 ] [ 編集 ]
ブログ再開おめでとうございます!色々と大変でしたね!無事退院され体調回復されているようで安心いたしました。いよいよ梅雨明け宣言、学校も夏休みに入り本格的な夏が到来という気分になってきましたね!熱中症には十分気を付けましょう!引き続きお付き合いよろしくお願いいたします。
[ 2023/07/22 11:19 ] [ 編集 ]
すっかり回復されて本当に良かったです。
素敵な旅の想い出を拝見しました。
年代を経て2回目の旅ではタイムスリップしたでしょうね。
旅は心の財産ですね。
留守中に空き巣、とんでもないことですが実際に悪い輩がいると聞いていますので
旅する日時は書かないようにしています。
暑いのでご自愛下さいね。
[ 2023/07/22 12:08 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
ブログの本格再開を、心より嬉しく思います(^o^)
無理をせずに、ゆっくり始動して下さいね。

梅雨も明け、お出掛けしたくなりますが、
暑さが厳しくなったので、それも難しいですね。
ベルさんも7月いっぱいは、川に出勤の予定ですが、
8月は休みが多くなるでしょう、子供並みの夏休みを取ります(笑)
[ 2023/07/22 12:15 ] [ 編集 ]
こんばんは~
いつもながら、かって訪れた旅先の記録の質と豊富さとSaas-Feeの風さんの記憶力に舌を巻いています。
礼分島はTVなどで見るだけですが、良いところですね。
筑前も仕事を通じて色々旅しましたが、記録も記憶もなくて歯痒い気持ちです。
[ 2023/07/22 18:18 ] [ 編集 ]
利尻、礼文
おかえりなさい。
これから本格な夏です、猛暑が続き体力も消耗します
お大事にお過ごしください。
利尻、礼文は私も一度だけ行きました。
フェリーになってからですね。
昔は小さな船で渡ってたのですね。天気が荒れると大変でしたね。
[ 2023/07/22 20:02 ] [ 編集 ]
一万羽
ハクチョウ一万羽に 反応してしまいました。
いつかは 利尻 礼文にと思いながら
なかなか実現しません。
[ 2023/07/22 20:21 ] [ 編集 ]
良くなられたようで良かったです。
これからもまだまだ暑いようですので気を付けてお過ごしください。お大事に。
利尻礼文島の旅、2回も行かれたのですか。
私はとうとう利尻山が見えず、礼文島でも曇っていましたので見えず、残念でしたがレブンアツモリソウなどお花をたくさん見ることが出来て、良い思い出になりました。
[ 2023/07/22 20:56 ] [ 編集 ]
懐かしい記事ですねえ。
そして懐かしい名前の方もたくさんですが
今はどうされてるのでしょうね。
12日に甲子園に行ってきましたよ。
森下が大活躍をした大逆転の日です。
長く六甲颪を唄って盛り上がってきましたよ。
[ 2023/07/23 09:01 ] [ 編集 ]
おはようございます
順調に 回復されて よかったです

利尻島・礼文島 ずいぶん前に おとずれました
とてもいい所ですよね(^^♪

これから 暑い日が続きますが
体調には 気をつけてくださいね
私もですが。
[ 2023/07/23 09:04 ] [ 編集 ]
迅速な回復
復調予告から一日で再開され驚いています。
もう二日ぐらいはかかるかもしれないと
ぐずぐずしていましたら、こんなにコメントが
遅れてしまいすみません。

本当によかったです。
私が過去に書いたコメント、忘れそうですのに
ここに再掲載いただきありがとうございました。
[ 2023/07/23 09:17 ] [ 編集 ]
おはようございます~
お元気になられて良かったですね。
風さんの記憶力の良さに感服しました。
九州はまだ梅雨明けしていません。
この暑さに参っています。
[ 2023/07/23 10:59 ] [ 編集 ]
Σ たんぽぽさんへ
暑い日が続きますからねえ~。
どうぞお大事になさってください。
いつも応援ありがとうございます。
[ 2023/07/23 15:32 ] [ 編集 ]
Σ 花ぐるまさんへ
北海道の山を登っておられたのですね。
19日間とは体力が無いと、とても継続できませんでしょう。
それだけお若いころから鍛えておられたということでしょうね。
スイスにも長期間のご滞在でしたよね。
登山、トレッキングなどのご経験が豊富な花ぐるまさんです。

北海道を車で縦横無尽・・・利尻・礼文まで走らせておられたことにも感服です。
真っすぐな道だから運転しやすいと思いがちですが
かえってスピード出し過ぎになりやすいですよね。
交通事故を起こす人は道内の人よりも道外からの観光客が多いと
現地の添乗員さんが云っておりました。
あの道路に慣れないからでしょうね。

レブンアツモリソウ・・・残念ながら見ることはありませんでした。
近いところで実物を見たいものです。
[ 2023/07/23 15:41 ] [ 編集 ]
Σ えつままさんへ
えつままさん、こんにちは。
まだ完全な体調ではありませんが、ブログを再開しました。
引き続きよろしくお願いします。

なかなか庭の花や鉢植えの花の写真を撮ることができなくて
(暑すぎるので庭に出たくない(>_<))
花のピークを過ぎてから慌てて撮っているような状態です。
タイムリーにブログアップしたいものです。

ココログにたくさんの写真と記事がアップなさったのですね。

以前の記事を消去するのは残念ですよね。

Saas-Feeの風のこの花筐~花がたみでは
全容量の10%ほどを使っていますので
まだまだ余裕があるのですよ。
[ 2023/07/23 15:49 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
1965年の北海道は長かったのですが
2007年は3泊4日ですよ。
どうぞお出かけください。
[ 2023/07/23 15:51 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
hiroさん、こんにちは。
完全に回復したわけではありませんが
用心しながら日常生活を送っています。
好い方向にばかり進んで欲しいものです。

2003年7月末頃ですと、Saas-Feeの風たち(2007年5月)の
4年ほど前になりますね。
“写ルンです”・・・Saas-Feeの風もときどき使っていましたよ。
当時はあのようなタイプのカメラ(レンズ付きフィルム)が流行りましたね。
今もときどき販売されているところを見かけますよ。
[ 2023/07/23 15:57 ] [ 編集 ]
Σ ローリングウエストさんへ
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。
熱中症対策・・・エアコン冷房をほぼ24時間!
水分補給もしてますよ(^^)/
[ 2023/07/23 15:59 ] [ 編集 ]
Σ Keikoさんへ
ありがとうございます。
42年前の利尻・礼文を思い出す旅になっていました。
今からですと、58年も前の利尻・礼文の旅になってしまっています。
遠い昔のことになりましたよ。

やはりそうでしたか。
ブロガーの自宅位置を知ることは容易だそうですからね。
インターネット発信には充分に注意を払わねばと思っています。
[ 2023/07/23 16:03 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
ありがとうございます。
長い半休(?)期間となりました。
皆さんから忘れられているかもね(^_-)-☆

猛暑が続きます。
買い物にも出たくない!
でも、ちょっとは外食したいなって!
歩かないと脚力が回復しません。
体力が落ちてしまった。
[ 2023/07/23 16:07 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
記憶力は関係ないですよ~(^_-)-☆
かつてのブログ記事が残してあるので
それを修正・加筆しています。
[ 2023/07/23 16:09 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
暑い日が続きます。
熱中症に気を付けて過ごしていますよ。
なんとかブログ再開まで辿りつけました。
無理せずに日常生活を送ります。
[ 2023/07/23 16:12 ] [ 編集 ]
Σ 小紋さんへ
ハクチョウ一万羽・・・稚内の大沼でしょうか?
そちらから利尻・礼文は遠方になりますね。
でも福岡空港ー新千歳空港を使うツアーがあるのでしょうね。
いつかは旅の実現をなさってくださいね(^^♪
[ 2023/07/23 16:17 ] [ 編集 ]
Σ tonaさんへ
ありがとうございます。
無理しないように気をつけながら過ごしています。

残念ながらレブンアツモリソウを見ることができませんでした。
実物をどこかで見たいものです。
近くに高山植物園があると好いのになあと思うのですが・・・。
[ 2023/07/23 16:20 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
懐かしいかたたちですよね。
どうなさっておられますかね。

12日のDeNA戦・・・好い試合を観戦できましたね。
体調がこんなことにならなかったら
ご一緒できたかも・・・ですよ、残念!
[ 2023/07/23 16:22 ] [ 編集 ]
Σ コスモスさんへ
ありがとうございます。
なんとかブログ再開することができました。
無理せずに継続したいと思っています。

いつごろ利尻・礼文をお訪ねになったのでしょうね。
天候は如何でしたか。
曇っていたというかたが(コメントから)多いように感じました。
[ 2023/07/23 16:25 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
2009年にコメントを届けてくださいました。
14年前になるのですね。
早いものです。
これからもよろしくお願いします。
[ 2023/07/23 16:29 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
いえいえ、記憶力ではありませんよ。
2007年のブログ記事を修正したり
加筆したりしているだけですよ(^_-)-☆
[ 2023/07/23 16:31 ] [ 編集 ]
おおっ。
利尻には行きましたが礼文はまだなんです。
いいですね、
私もまた行きたいです。
続きを楽しみにしています。
[ 2023/07/23 18:07 ] [ 編集 ]
こんにちは。
何はともあれ、体調のご快復、ほんとによかったです。
1965年というと60年近くも前のことですね。Saas-Feeの風さんもお若かったですね。お若い頃からご旅行がお好きだったんですね。
2007年の旅も興味深く拝読しました。思いますのにブログをお始めになられたのはもう随分前のことなんですね。お福は10年前に開設し試行錯誤しながらなんとか続けてきました。Saas- Feeの風さんとのご縁はまだまだ浅いですが、こうしてコメントさせていただき、また拙いお福のブログにもコメントいただけて感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
関東地方も梅雨明け宣言がでました。これからは30度越えの猛暑が毎日つづくと思います。どうぞご無理せずご自愛くださいませ。
[ 2023/07/23 18:20 ] [ 編集 ]
こんばんは!
拝読させていただきながら、少しバタバタしていて、コメントが遅くなりました

まずは、ブログに復帰されてよかったわ・・大変だったとお察しします

半世紀以上も前に、北海道をぐるっと一周ですか
15泊というのも驚きでした。
大学生のころの事ですかしらね

私も長く「行ってみたい」と思い続けた利尻礼文を訪ねる事が出来ましたが、札幌から7時間のバス。これには参りました。が・・60年近く前に、同じ行程で行かれている事に驚きました

大きなフェリーでも揺れがひどかった今回の旅。Saas-Feeの風さんの乗船された船は揺れが大きかったのではありませんか

今回、私はぺシ岬に一番近いホテルでした。
灯台山と呼ばれていたのですか・・

丁寧に纏められた旅行記。さすがですね
私ももう一度行っているような感覚で拝読させていただきました

どこかでコメントさせていただきましたが、ブログが移行し、CDになって返ってきた事に驚いています
私も16年続けるブログ。家族の軌跡だけでも残したいと試行錯誤しています
[ 2023/07/23 20:25 ] [ 編集 ]
Σ 闘将ボーイさんへ
利尻島から礼文島まで近いですのに・・・。
せっかくの機会でしたのに心残りですよね。
あちこちを旅なさっておられますので
次は利尻・礼文の旅のプラニングでしょう。
実現させてくださいね。
[ 2023/07/23 20:46 ] [ 編集 ]
Σ お福さんへ
ありがとうございます。
なんとかブログを再開するまでに回復してきました。
まだ発症前の体調には戻りませんが、
そこに向かってゆっくり整えたいと思っています。

のんきさんのご縁でお福さんとお近づきができ
40年ほど前までお福さんとは地理的にすぐ近くだったことに
驚いております。
これからも引き続き、お付き合いをお願いします。
[ 2023/07/23 20:54 ] [ 編集 ]
Σ のんきさんへ
一日おきのコメント欄オープン・クローズの形で
ブログを再開しました。
好い体調が続くことを願っています。
半介護を受けているような日常生活になっています。
退院直後の介護状態から、現在は、あれこれを独りでできるようになりました。

道内のユースホステルに15泊しながら北海道周遊をしたのは
大学時代の夏休みです。
夏休みにアルバイトをして貯めたお金を北海道旅行に使いました。
そのときは国鉄の北海道周遊券を購入し、それを使って自由に途中下車しました。
国鉄バスにも使えました。

1965年の利尻・礼文への船の揺れについて、まったく覚えていません。
どうだったのかなあ~。

灯台山でしたよ。
そのうちに灯台山と書かれた標識の写真がアップできると思います。

CD2枚・・・一枚にはアップした写真が、一枚には記事(文章)が
収載されています。
それらがあるので、復刻版ができるということですね。
助かっていますが、本文中に書いたように、探す記事を見つけ出すために
長時間を要します。

サイトの運営が凸版印刷だから可能だったCD作成と送付だったと思いますよ。
[ 2023/07/23 21:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス

偶然 リギ山上(標高1750m)から見えた

スイス空軍ジェット戦闘機6機

(撮影 2008年07月10日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
写真
16位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR