花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“白神山地“十二湖”のうち“鶏頭場の池”と“青池”を見る”からの続き>

十二湖“鶏頭場の池”“青池”を景観を愉しんだ後は昼食を摂り

その後、五能線十二湖駅へ向かった。

十二湖駅に備えてあるスタンプには十二湖“青池”がデザインされている。

220518十二湖駅のスタンプ


駅舎

220518五能線の十二湖駅-1
 

十二湖駅12:10発の列車(弘前行き)に乗り、6駅先の深浦駅で下車する。

列車は左から入ってきて右へ向かう。

220518五能線の十二湖駅-2


220518五能線の十二湖駅-3


あちらに海

220518-1207五能線の十二湖駅-4


列車が入ってきた。

220518-1207五能線の十二湖駅へ入線-5


進行方向左側に続く日本海を愉しめる。

220518-1211五能線車窓から-1b



220518-1212五能線車窓から-2


220518-1212五能線車窓から-3


12:41深浦駅着

220518-1241五能線の深浦駅-2

先頭車両  後部車両

220518-1242五能線の深浦駅-4


車体のデザインが美しい。

220518-1241五能線の深浦駅-3

途中の駅で降車する数名を見かけたのだが

我われツアーメンバー以外の乗客は何名いたのだろう

2両編成・・・・空席が目立っていた。


十二湖駅発のこのあとの下り列車は

13時台と15時台にそれぞれ快速列車があり

次の17時49分発は各駅停車だ。

なお、五能線の五は五所川原、能は能代とのこと。


深浦駅舎

220518五能線の深浦駅-5

駅前には先に着いていたツアーバスとバスガイドさんが我われを待っていた。

これから津軽半島竜飛崎に向かう。

(撮影 2022年5月18日(水) OLYMPUS XZ-10など)

<続く>

          

ここまでの様子はこちらにて

“東北三県(秋田 青森 岩手)の絶景を訪ねる旅に出発~~”

“男鹿温泉のホテルで夕餉の膳に~~”

“白神山地“十二湖”のうち“鶏頭場の池”と“青池”を見る”

          

ブログランキングに参加しています

応援のクリック↑をお願いします


スポンサーサイト



名前だけは知っていますがこの路線は乗ったことがないですよ。
良い旅をされていますねえ。
お天気がいいのは最高です。
[ 2022/06/06 07:52 ] [ 編集 ]
https://blog.goo.ne.jp/tsukimiso17/e/7f8504dc5c6900403988d4f4b0be842f

白神山地は12年前の2010年に行きました。
でもざっと散歩しただけです。
[ 2022/06/06 09:08 ] [ 編集 ]
おはようございます
いい旅ですね こういう旅行をしたいですね
[ 2022/06/06 09:18 ] [ 編集 ]
きれいな海、素敵な列車、いいですね(^o^)
今週も頑張りましょうね♪
ぽち
[ 2022/06/06 10:15 ] [ 編集 ]
初夏の五能線、いいですね。
海と空と湖の青を楽しめました!
空気が澄んでいるのがお写真でもよくわかります。
[ 2022/06/06 11:03 ] [ 編集 ]
五能線
憧れの汽車ですね 電車というべきか。
青池の コバルトブルーは 神秘的な湖ですね!
いつの日か 乗って見たい 線路です。
[ 2022/06/06 11:24 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん おはようございます
東北のご旅行はお天気も良く良かったですね
Saas-Feeの風さんの旅行記を拝見し懐かしく
私もい思い出をたどりブログを振り返つて見ました
ほとんど忘れかけていましたが2011年7に東北3日間の旅で最終日が
白神山地 ブナ原生林が残る新緑の ミニ白神 
五能線~~~日本海パノラマレイン 神秘の湖  青池  沸壷の池
鶏頭場の池などでした
記録をしておくといいですね 
旅行地域の9月10に残っていました
最近はなかなか遠出はしなくなりました
[ 2022/06/06 12:08 ] [ 編集 ]
はじめまして。
闘将ボーイと申します。

2月に五所川原から秋田まで五能線の旅をしたんですよ。
一面の雪でしたので十二湖駅は停車したのですが
全く覚えていないんです。
雪の無い季節の方が薄くしいと思います。

ありがとうございます。
[ 2022/06/06 12:47 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんにちは~♪
この日もお天気に恵まれて良かったですね。
五能線の列車旅、楽しそうですね。
ツアーでも長時間バスに乗る旅でなければ、
夫も参加できるかもしれません。
五能線沿線、もっとひなびたところかと思っていましたが、
風光明媚で綺麗ですね。
五能線の五は五所川原、能は能代とのことだそうですが、
初めて知りました。
[ 2022/06/06 13:00 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
列車の旅も良いなぁ~した事はないけど、
四国周遊旅なんて良いかもねぇ~(汗)
でも列車旅は、風景的に日本海側がいいなぁ~(笑)
[ 2022/06/06 13:04 ] [ 編集 ]
こんにちは~
五能線という名は知っていますがまだ乗った事は
ありません。
東北地方を機会があれば行ってみたいですね。
九州からは遠い旅になりそうです。
[ 2022/06/06 13:36 ] [ 編集 ]
五能線
私の旅行では反対方向でしたね。
車両が新しくなってておしゃれなデザインですね。
[ 2022/06/06 17:34 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
愉しい旅が続いていますね(^^♪

五能線 列車の旅☆彡
いいですね~ヾ(*´∀`*)ノ

こうしてブログに載せておくと後日また何度も振りかえって
楽しめるので私もなるだけ載せるようにしています。

でも最近は出かけてないので狭小庭ばかり(^^;
それも同じ花ばかり・・・
だって新苗買って無いんですもの(苦笑)

姫ヒオウギ可愛いですね♪ポチ☆彡
我が家も開花してます(^▽^)/

[ 2022/06/07 05:58 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2022/06/07 06:17 ] [ 編集 ]
おはようございます
五能線の名前だけは知っていますが
この路線には乗ったことがありません。
天気も良さそうでいい旅をされていますね。
[ 2022/06/07 09:34 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
JR五能線はテレビの旅番組にたびたび紹介されていますね。
乗ってみたと思っていたのですよ。
たまたまツアーの一部に入っていたことはラッキーでした。
[ 2022/06/07 13:16 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
弘前城にも登城なさったのですね。
日本百名城に含まれていますので
外からでも城を見たかったと思いました。
[ 2022/06/07 13:20 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
お出かけになってくださいね~(^_-)-☆
[ 2022/06/07 13:21 ] [ 編集 ]
Σ たんぽぽさんへ
これからアレルギー呼吸器内科で再診ですよ~。
3週間経ったら来てくださいと云われていたのに
倍の6週間後のことになってしまった(~_~;)
いつも応援ありがとうございます。
[ 2022/06/07 13:24 ] [ 編集 ]
Σ やっこさんへ
好い天気の日でしたよ。
久しぶりの日本海・・・
さすがに波が内海のものとは異なりますね。
[ 2022/06/07 13:25 ] [ 編集 ]
Σ 小紋さんへ
五能線は架線が見えていませんから電化されていませんね。
電車じゃなくて列車ということでしょう。
青池のブルーがきれいでしたよ。
何故、ブルーなのか判っていないそうです。
[ 2022/06/07 13:29 ] [ 編集 ]
Σ えつままさんへ
えつままさん、こんにちは。
11年前には沸壷の池もご覧になったのですね。
どのような池だったのか興味津々です。
もう少し時間があれば近づけたかも・・・残念です。
旅行地域・・・カテゴリーのなかのひと項目でしょうか。
後ほど、拝見したいと思っています。
[ 2022/06/07 13:33 ] [ 編集 ]
Σ 闘将ボーイさんへ
>五所川原から秋田まで五能線の旅<
そうでしたか、雪の時期ですね。
そのときの光景も素晴らしかったのではありませんか。
[ 2022/06/07 13:36 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
hiroさん、こんにちは。
長時間のバスの旅は腰への負担が大きくて
腰痛が酷くなりました。
たしか5日間で1100㎞ほどの走行だったと聞いています。
途中の休憩はありましたけれどね。
五能線の列車は海沿いを走るので日本海の景観を愉しめましたよ。
[ 2022/06/07 13:39 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
鳥撮りでお忙しいでしょうから
四国周遊がご無理だったのかな(^_-)-☆
プラニングんさってみては如何でしょう。
ゆっくりご夫婦ふたりの旅も好いものですよ。
[ 2022/06/07 13:42 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
九州からは遠いのですが
このようなツアー(東北巡り)が
各旅行代理店のプランにあるのでは・・・。
それに乗っかれば簡単だと思いますよ。
[ 2022/06/07 13:46 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
Saas-Feeの風たちは下りでしたが
大連三世さんは上りだったということですね。
その当時の車両はどのようなデザインだったのでしょう。
[ 2022/06/07 13:48 ] [ 編集 ]
Σ あや姫2さんへ
Saas-Feeの風も庭の花の写真を撮って
ブログアップすることが続いています。
今回は久しぶりに遠方へ出かけましたので
花の話題から少しの期間は離れることになりました。
そうそう、同じ花ばかりになりますね。
この2-3ヶ月はハイビスカスとツキミソウが多かったような気がします。
先週は京都に行って来ましたので
明日はその話題にするつもりです。

ヒメヒオウギも見てくださってありがとうございます。
[ 2022/06/07 13:53 ] [ 編集 ]
Σ SECRETさんへ
承知いたしました。
ありがとうございます。
[ 2022/06/07 13:54 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
登山の目的地に向かう際の乗車にはつながりませんか。
五能線は日本海の景色が素晴らしく、
そしてのんびりできますしね~(^^♪
[ 2022/06/07 13:57 ] [ 編集 ]
丁寧に作られた旅行記
ヘタなガイドブックより頼りになります
五能線は歌詞として知っていて、♪窓一杯に日本海♪
歌詞の意味を、今回の画像から知る事が出来ました

バスの旅の中で、列車や船が組み込まれた旅は、気分も変わっていいですね

金婚式を迎えられたご夫婦の旅。
いい旅ですね
お天気も味方してくれてるようです
[ 2022/06/07 14:43 ] [ 編集 ]
Σ のんきさんへ
五能線の歌・・・知らなかった・・・(~_~;)
あとで歌詞を調べますね。

このツアーではJR五能線と三陸鉄道、
そして仏ヶ浦遊覧(船)が含まれていました。

天候は・・・恐山を歩いた際に雨降りでした。
それ以外は好い天候に恵まれましたよ。
[ 2022/06/07 21:55 ] [ 編集 ]
行ったことないところを見るのは楽しいです。
今頃の日本海の色はこんなに美しい色をしているのですか!
電車も珍しい形に見えましたし、駅もいい感じです。
色々な鉄道に乗ってみたいと思いました。
[ 2022/06/11 16:17 ] [ 編集 ]
Σ tonaさんへ
バスのUVカット窓ガラス越しに写真を撮っていますので
その影響が写真に現れていると思います。
でも海の色はきれいなものでしたよ。
五能線は人気がありますから
車体も駅舎も美しく映えるように設計されているのでしょうね。
[ 2022/06/12 13:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス

偶然 リギ山上(標高1750m)から見えた

スイス空軍ジェット戦闘機6機

(撮影 2008年07月10日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新コメント
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
写真
14位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
サブジャンルランキングを見る>>
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR